メタボ解消に効果的なサプリとは?

メタボリックシンドロームとはどんな状態?

メタボリックシンドローム、略してメタボは日常的に会話の中でも使われ、太っているだけでメタボだと言われてしまうほど言葉は浸透していますが、診断基準があるのをご存じでしょうか?

メタボリックシンドローム(メタボ)の診断基準は日本動脈硬化学会や日本内科学会などの8学会によって平成17年に決められました。メタボと診断されるのは内臓脂肪の蓄積が必須条件で、それに加え、脂質異常症・血圧値異常・空腹時血糖値の異常のうち2つ以上があてはまる時です。

まず、必須条件のウエストの周囲は男性:85cm、女性:90cmであると内臓脂肪の蓄積があると判断されます。CTスキャンなどで蓄積量の測定を行う場合もあります。

これに加えて判断される基準は次の3つです。この3つのうち、2つがあてはまるとメタボです。

①脂質異常症(高トリグリセリド血症:150mg/dL、低HDLコレステロール血症<40mg/dL )。
HDL(善玉)コレステロールは低過ぎると異常値となります。両方又はいずれかがあてはまると血清脂質異常値となります。

②血圧(収縮期(最大)血圧:130mmHg、拡張期(最小)血圧:85mmHg)
両方もしくはどちらか片方の値が当てはまると血圧値異常値となります。

③空腹時高血糖:110mg/dL
メタボは内臓脂肪症候群とも呼ばれていますが、体に複数の異常があるという状態です。これらを放っておくと動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気を引き起こしてしまうことになります。

メタボを放置するとこんな病気に・・・

なぜメタボの診断基準において内臓脂肪値必須条件になっているのでしょうか?
それは血漿中の脂質濃度を高めている元凶だからです。

内臓に蓄積される脂質は肝臓による代謝が盛んに行われるので、血漿中に脂質が分泌されやすくなります。その結果脂質異常症となります。

脂質異常症はいわゆる血液ドロドロの状態で、血管内壁に付着した脂質により動脈硬化を起こしやすくなります。動脈硬化を起こし、血栓ができやすくなります。
その血栓が血管で詰まってしまうとどうなるでしょうか?

詰まったところより下位の血流が止まってしまい、貧血状態となります。酸素や栄養分の運搬がなされないので組織の壊死が起こり、心筋梗塞や脳梗塞となります。

また、内臓脂肪がふえると体のインスリンというホルモンに対する反応が鈍くなり、血糖値が上がりやすくなります。これが生活習慣病の1つである糖尿病です。糖尿病には様々な合併症がある怖い病気です。

失明や腎不全、手足などの末梢神経の病気となり、足を切断しなければならなくなることさえあります。

中性脂肪やLDLコレステロールを下げるサプリ

メタボの必須基準である内臓脂肪ですが、先に記述したとおり代謝が盛んです。
つまり、逆に考えると減らしやすい中性脂肪なんですね。皮下脂肪に比べ運動により落としやすいのが内臓脂肪です。

ですから、体の代謝をアップさせたり、コレステロール値を下げることで、代謝され、減らすことが出来るのです。

代謝をアップさせるためには、まずは運動をすることだ第一条件ですが、糖質を分解してエネルギー変換を助けるビタミンB群や、L-カル二チンのような脂肪代謝に関与するビタミン様物質、CMでもおなじみのカテキンは脂肪燃焼に関わる酵素を活性化させるという報告があります。

その他にもα-リポ酸やカプサイシンなどがダイエットに最適なサプリとしてあげられます。

また血中の中性脂肪値をさげる栄養素として青魚に含まれる不飽和脂肪酸のDHA・EPAがあります。DHA・EPAの血中中性脂肪低減作用は消費者庁でも最高評価のAランクと位置づけています。

さらにこれらの不飽和脂肪酸は肉などの脂質とは異なり、常温でも固まりにくい性質を持っています。そのため血中でも固まらずに血栓を出来にくくする働きがあるのです。

厚生労働省の提唱するDHA・EPAの1日の摂取目安量は1000mgです。
昔に比べ魚食の減少した日本ではなかなかこれを満たしている方は少ないと考えられますが、サプリを有効活用し、かつ青魚を積極的に食事に取り入れるようにしましょう。どのDHAサプリがいいのかわからない場合はDHA・EPAサプリの比較サイトを参考にしてみてください。

酵素飲料について

メタボになってしまったら、食生活の改善と運動を取り入れて解消しなければなりません。

食生活の改善で役立つのが酵素飲料です。

酵素とは、たんぱく質の一種で私たち人間の体内にある必要不可欠な栄養素です。
酵素は子供の時には体内にたくさん存在していますが、年齢とともに減少していきます。その結果、新陳代謝の低下など体の不調が起きてきます。
酵素は、新鮮な野菜や果物、発酵食品などに多く含まれており、こうした食事から補うことができます。酵素を補給することで、血液をキレイにし細胞に活力を与え、新陳代謝を上げ、メタボ予防にも役立ちます。

酵素飲料は、今話題の酵素をたっぷり含んだ栄養素豊かなドリンクで、美容にもダイエットにも効果的と人気が出ています。
ダイエットしたい人は、普段の食事を酵素飲料に置き換える方法を取り入れることで、大幅な減量に成功しています。
メタボの人が短期間で新陳代謝をアップさせながら減量できるのでオススメの解消法の一つです。

酵素ドリンク置き換えダイエットに挑戦してもよいですし、毎日飲んで酵素補給をするだけでも代謝アップや便秘解消、美容面でも効果があると好評です。

色々な酵素飲料が販売されていますが、いくつか人気の酵素飲料を紹介したいと思います。

「ベジライフ酵素液」は1回分たったの14.2kcalと低下ロリーなので、置き換えダイエットするにも大幅にカロリーダウンができます。
90種類の栄養素をしっかり補給でき、予想以上に飲みごたえがありお腹が減りいにくいドリンクです。アンケートによると85%の人がツラさを感じることなくプチ断食ができたと回答しています。

「お嬢様酵素」は、薬草レベルの野草の含有量が多く、深刻な酵素不足の現代のお嬢様のため作られた酵素飲料です。
フルーティーな味わいで美味しく、毎日続けられると好評です。

「ベジーデル」は、水を一切使用せず沖縄産の黒糖のみで仕込まれた濃縮酵素液で、ダイエット中に不足しがちなビタミンをしっかり補うことができます。
ダイエット相談室も設けてありますので、色々とアドバイスを受けることも可能です。

メタボ解消運動

メタボリックシンドロームを解消するには、食事改善の他にはやはり運動が有効です。

内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちるのが早いです。
食事改善や運動を行うと、皮下脂肪よりも先に内臓脂肪を先に落とすことができますので、少し努力していけばメタボ解消はそんなに難しくないでしょう。

運動は有酸素運動がオススメです。
なるべく毎日続ける方が効果的ですので、日々の生活で取り入れられるウォーキングなどが良いでしょう。
激しい運動を短時間行うのではなく、ウォーキングを毎日30~40分行う方が効果があります。
毎日は無理でも週2~3回は時間を作りましょう。

他にも有酸素運動としては、ジョギングや水泳、エアロバイクなどがあります。
雨の日などはエアロバイクが家にあると便利でしょう。

ただし、有酸素運動で脂肪を燃焼させるには最低でも20分以上は続ける必要があります。運動を始めてから20分過ぎた頃から脂肪が燃焼され始めます。そういう訳で、毎日30~40分の有酸素運動をするのが良いと言われています。

ウォーキングをする時には、少し大げさなくらい大股で両腕を振るとよりカロリー消費もしますし、肩こりなどの予防にもなりますので少し意識して歩いてみましょう。
歩く速さは、少し息が上がるくらいが効果が高まります。

また、無酸素運動である筋力トレーニングも効果があります。
筋力をアップさせると新陳代謝のアップにつながりますので、脂肪のつきにくい体質になることができます。
腹筋やスクワット、ダンベル体操なども取り入れるとよいでしょう。

メタボリックシンドロームの予防

メタボリックシンドローム、略してメタボは、お腹周りの内臓に脂肪がたまり、加えて高血圧や高血糖、脂質異常などの症状も起きている危険な状態のことです。
自覚症状はなく今すぐ病状が出ることはないものの、放っておくと糖尿病や心筋梗塞など生活習慣病を引き起こすので、お腹がポッコリ出てきたなと思ったら、早めに予防をすることが大切です。

メタボを防ぐには、食生活の改善と運動がポイントです。

最近の食生活は昔とは違い、欧米化しており、脂肪の摂りすぎやカルシウム不足など問題点が出てきています。肉食中心の食事になると、体力や筋力をつけるのには大いに役立ちますが、高脂肪・高コレステロールという弊害もあります。反面、ビタミンやミネラル不足になりがちです。
そのため、近年では和食が見直されています。
和食は米を主食とし、野菜や魚、肉などの副菜を組み合わせることで、栄養素をバランスよく摂ることができます。
ご飯は白米よりも雑穀米や玄米を、主菜は肉より魚を摂るように工夫しましょう。副菜はサラダより根菜類や温野菜にした方がより多く食べられます。また、不足しがちなカルシウムやミネラル、食物繊維を補うために豆や海藻、きのこ、ゴマなども積極的に摂り入れましょう。

また、清涼飲料水やスナック菓子の摂りすぎには注意が必要です。
食後についついお菓子を食べてしまう習慣がある人は、1日に必要な摂取カロリーを超えてしまいがちですので、控えるようにしましょう。

メタボの定義

メタボとは、内臓脂肪型肥満と高血圧や高血糖、脂質異常のうちの2つ以上の症状が同時に起こる症状を言います。
自覚症状がないことも多く見過ごしがちですが、生活習慣病を引き起こしやすい状態となっているので注意が必要です。

近年、食生活などの影響からメタボになる人は増えています。
メタボになる可能性のある予備軍は、40歳から47歳までの男性では2人に1人、女性では5人に1人だと言われているくらいです。特に40歳以降の男性はメタボにならないように十分な注意が必要と言えるでしょう。

では、メタボの基準はどうなっているのでしょうか?
診断基準は次の4つになります。

まず、内臓脂肪型肥満の診断基準は、お腹周りのサイズで判定されます。立った姿勢で息を吐き、へその高さにメジャーを水平に巻いて測ります。男性なら85cm以上、女性なら90cm以上の場合が内臓脂肪型肥満に該当します。また、病院でのメタボ検診などでは、CTにより内臓脂肪を確認することもできます。

高血圧の診断基準は、最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上のいずれか、または両方の場合に当てはまります。

高血糖の診断基準は、血液中のブドウ糖の数値=血糖値が調べられます。空腹時の血糖値が110mg/dL以上の場合、高血糖の診断となります。正常だと70~100mg/dLであり、126mg/dL以上になると糖尿病になります。

脂質異常の診断基準は、血液中の中性脂肪の値と悪玉コレステロールの値で調べられます。中性脂肪150mg/dL以上、悪玉コレステロール40mg/dL未満のいずれか、もしくは両方の場合、脂質異常の診断となります。過剰な中性脂肪の増加と、悪玉コレステロールの減少が問題となってきます。

メタボとは?

メタボとは、正式名メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の略で、内臓に脂肪が溜まる内蔵型脂肪肥満に加えて高血圧や高血糖、脂質異常といった生活習慣病が一度に複数発症する現象を指します。
メタボリックには“代謝”という意味があり、代謝異常が起きていることを指します。

高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が独立して進行するのではなく、お腹周りの内臓に脂肪がたまったメタボリックシンドロームが大きく影響していることが分かっています。

肥満といっても、体への脂肪の付き方によって皮下脂肪肥満型と、内臓脂肪型肥満の2タイプにわけられます。
下腹部や太もも、おしりなどの下半身につくタイプを皮下脂肪肥満型と言い、内臓の周りに脂肪がつく内臓脂肪型肥満と言います。洋ナシ型(皮下脂肪肥満型)とかリンゴ型(内臓脂肪型肥満)と分類されます。

洋ナシ型は女性に多く見られます。リンゴ型は、中年以降の男性や閉経後の女性に多くみられます。ぱっと見は太っていなくても、お腹だけポッコリ出ていたら内臓脂肪がたまってきているかもしれないので要注意です。

メタボは誰でもなる可能性がありますが、特に中年になってくるとお腹がぽっこりしていて、「太ってきたな、貫禄が出てきたな」と軽い気持ちで見過ごしてしまいがちですが、メタボになると生活習慣病の併発が怖いので、注意しておく必要があります。
 
メタボは動脈硬化を進行させ、さらに心筋梗塞や脳卒中まで引き起こす危険性まである怖いな病気なのです。