メタボ解消に効果的なサプリとは?

メタボリックシンドロームとはどんな状態?

メタボリックシンドローム、略してメタボは日常的に会話の中でも使われ、太っているだけでメタボだと言われてしまうほど言葉は浸透していますが、診断基準があるのをご存じでしょうか?

メタボリックシンドローム(メタボ)の診断基準は日本動脈硬化学会や日本内科学会などの8学会によって平成17年に決められました。メタボと診断されるのは内臓脂肪の蓄積が必須条件で、それに加え、脂質異常症・血圧値異常・空腹時血糖値の異常のうち2つ以上があてはまる時です。

まず、必須条件のウエストの周囲は男性:85cm、女性:90cmであると内臓脂肪の蓄積があると判断されます。CTスキャンなどで蓄積量の測定を行う場合もあります。

これに加えて判断される基準は次の3つです。この3つのうち、2つがあてはまるとメタボです。

①脂質異常症(高トリグリセリド血症:150mg/dL、低HDLコレステロール血症<40mg/dL )。
HDL(善玉)コレステロールは低過ぎると異常値となります。両方又はいずれかがあてはまると血清脂質異常値となります。

②血圧(収縮期(最大)血圧:130mmHg、拡張期(最小)血圧:85mmHg)
両方もしくはどちらか片方の値が当てはまると血圧値異常値となります。

③空腹時高血糖:110mg/dL
メタボは内臓脂肪症候群とも呼ばれていますが、体に複数の異常があるという状態です。これらを放っておくと動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気を引き起こしてしまうことになります。

メタボを放置するとこんな病気に・・・

なぜメタボの診断基準において内臓脂肪値必須条件になっているのでしょうか?
それは血漿中の脂質濃度を高めている元凶だからです。

内臓に蓄積される脂質は肝臓による代謝が盛んに行われるので、血漿中に脂質が分泌されやすくなります。その結果脂質異常症となります。

脂質異常症はいわゆる血液ドロドロの状態で、血管内壁に付着した脂質により動脈硬化を起こしやすくなります。動脈硬化を起こし、血栓ができやすくなります。
その血栓が血管で詰まってしまうとどうなるでしょうか?

詰まったところより下位の血流が止まってしまい、貧血状態となります。酸素や栄養分の運搬がなされないので組織の壊死が起こり、心筋梗塞や脳梗塞となります。

また、内臓脂肪がふえると体のインスリンというホルモンに対する反応が鈍くなり、血糖値が上がりやすくなります。これが生活習慣病の1つである糖尿病です。糖尿病には様々な合併症がある怖い病気です。

失明や腎不全、手足などの末梢神経の病気となり、足を切断しなければならなくなることさえあります。

中性脂肪やLDLコレステロールを下げるサプリ

メタボの必須基準である内臓脂肪ですが、先に記述したとおり代謝が盛んです。
つまり、逆に考えると減らしやすい中性脂肪なんですね。皮下脂肪に比べ運動により落としやすいのが内臓脂肪です。

ですから、体の代謝をアップさせたり、コレステロール値を下げることで、代謝され、減らすことが出来るのです。

代謝をアップさせるためには、まずは運動をすることだ第一条件ですが、糖質を分解してエネルギー変換を助けるビタミンB群や、L-カル二チンのような脂肪代謝に関与するビタミン様物質、CMでもおなじみのカテキンは脂肪燃焼に関わる酵素を活性化させるという報告があります。

その他にもα-リポ酸やカプサイシンなどがダイエットに最適なサプリとしてあげられます。

また血中の中性脂肪値をさげる栄養素として青魚に含まれる不飽和脂肪酸のDHA・EPAがあります。DHA・EPAの血中中性脂肪低減作用は消費者庁でも最高評価のAランクと位置づけています。

さらにこれらの不飽和脂肪酸は肉などの脂質とは異なり、常温でも固まりにくい性質を持っています。そのため血中でも固まらずに血栓を出来にくくする働きがあるのです。

厚生労働省の提唱するDHA・EPAの1日の摂取目安量は1000mgです。
昔に比べ魚食の減少した日本ではなかなかこれを満たしている方は少ないと考えられますが、サプリを有効活用し、かつ青魚を積極的に食事に取り入れるようにしましょう。どのDHAサプリがいいのかわからない場合はDHA・EPAサプリの比較サイトを参考にしてみてください。